代表者ご挨拶

代表者ご挨拶

鈴木 敏夫

代表取締役社長
鈴木 敏夫

リーマンショック以後の開発・生産・販売・サービスサイクルが停滞していた時期が過ぎ去り、
数年前から急速に動き出し勢いを取り戻しつつある市場において、競争が厳しさを増す一方となっています。
今後は開発・生産・販売・サービスのサイクルを軌道に乗せ、スピードを上げてお客様への対応力を高めていかなければなりません。
我々は、生産面において新製品のものづくりをしっかりと行い(品質を確立)、
お客様のもとへQDCで競争力ある製品をお届けして参ります。
また前(後)工程を見た計画的な生産を行い、工場内の製品回転率向上(製品滞留リードタイムを短縮)が必須となっており、
事前に作戦(戦略)を立て、やるべき事を全員が共有し、計画的な生産を行っていきます。
近年サービス関連では、部品製造、ユニット交換工事、オーバーホール工事、現地テクニカルアドバイザー派遣工事など
多岐に渡るニーズに対応してきました。
既納機へのサービスをしっかりと行えば、お客様との信頼関係は深まり、将来、新たな関係構築の機会へとつながっていきます。
将来に向けてより柔軟にお客様のニーズに対応できる様、
計画的に人づくり・体制づくりを進めていきます。